« February 2005 | Main | April 2005 »

March 27, 2005

ViVa! センタン(BlogPet)

きょうNaNaはここまで説明したいです。


*このエントリは、BlogPetの「NaNa」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WFS Championships MEN

さの さて、男子シングルです。女子はまあ一応順当な結果だ
   ったんですけど、男子はねえ…
うの プルシェンコの途中棄権でどうなるかと思ったら、こん
   な結果に。
さの ちなみに大会前の下馬評は、1位 プルシェンコ(鉄板)
   2位はジュベール・ウィア・バトルあたりが横一列って
   感じだったと思いますが。で、結果が 
   1位ランビエール 2位バトル 3位ライサチェク。
   ジュベールは6位、ウィアは4位でした。

うの 驚いたのはランビエールとライサチェク?
さの ランビエールはとにかくスピンが上手い。これは素人目に
   見ても違いがわかります。でもこれまでは安定感がなく
   ってうーんって感じだったんだけど、今回のフリーは4回
   転トゥループをとにかく2回決めた、これにつきると思い
   ます。最終前グループあたりから自爆の連鎖が続いていた
   のでジャッジも「とりあえずコケなかったのでマル!」と
   いう感じで点をだしたような感もあり。
うの その代わり3アクセルは2回転と1回転になっちゃうし、
   フリップも1回転だったし、よく見るとあちこち抜けて
   るんだよね(^^;;
さの まあ…でも総合的には彼が優勝で文句ないでしょう。で、
   2位のバトル。2コケで銀ってどうよ?って意見もあり
   ますが。
うの 彼って不思議なんだよね。コンビネーションジャンプの
   内容なんて女子と変わらないし、4回転もないんだけど、
   Base Valueがすごく高いんだよ。一瞬計算間違ってん
   じゃないか?と思うけど、ちゃんと合ってる(笑)

さの ちょっと補足しますと、新採点ではそれぞれの要素に基
   礎点が決められています。例えば3アクセルは7.5、4トゥループ+
   3トゥループだと13.0、キャメルスピンのレベル3だと2.4とか、細
   かく決まっていて、それぞれの選手がプログラム内でこ
   なした要素の基礎点を合計した点数を見ると、その選手
   がどのくらいの難易度のプログラムを滑っているのかが
   概ねわかります。バトルはこれがかなり高い選手のひと
   りです。一方ジャッジの方々はそれぞれの要素の完成度
   を見て、減点もしくは加点をしていきます。これらを合
   計したものがいわゆる技術点(TES)となるわけです。

   今回の上位2人を比べると、ランビエールはBaseValue
   が60.1だけど加点をいっぱいもらって結果的に
   TESは67.32、一方バトルはBaseValueが65.0だけど、コケ
   ちゃったりしたので減点されて63.42、ということになり
   ます。難しいプログラムに挑戦するか、それとも難易度
   を下げてその分完成度を高め、加点をいっぱいもらうか
   は選択に迷うところだと思います。

うの それが”ちょっと”補足? 次、ライサに行くよ。
   ライサチェクの銅がいちばん驚きだったかなあ…。
さの 最近までジュニアっぽかったのにねえ。今年の全米見て
   「来年あたりは化けるかも」と思っていたら、何と…。
   とにかくミスが少なくて勢いと明るさがありましたね。
うの 最近の男子って「芸術系?」なタイプが増えて、こうい
   うシンプルな男の子タイプが希少価値を増してるのか
   も(笑) 来年も期待してます。

さの では、イマイチふるわなかった方々ですが。
うの ジョニーはもうあれで十分です。ジャンプ降りるの見る
   たびに痛そうで、見てられませんでした。フリーはライ
   サより良かったんじゃない?って意見も聞きましたが、
   後半のコンビネーションジャンプ抜けちゃったし、決め手のストレート
   ラインステップもラストのスピンもレベル1しか取れなかった
   し、妥当な点数だと思う。4回転は次にお預けだね。
   アイスショーあたりで気楽に跳んでみる方がいいんじゃ
   ない?
さの ジュベールはプレッシャーかなあ…。プルシェンコが
   棄権して、金の可能性が出てきてよけいに堅くなっちゃ
   ったのかも。彼もまだ若いし、来シーズンに期待しま
   しょう。

うの 忘れちゃいけない、日本男子ですが。結局本田の棄権
   に尽きるかな。
さの 高橋に2枠確保っていうのはちょっとかわいそう。
   彼には気楽な状態で滑って欲しかった。それでもショ
   ートまでは頑張ってましたよね。その後足が痛そうだ
   ったから、フリーの結果は仕方ないでしょう。彼に罪
   があるとすれば自爆連鎖の引き金を引いたことかな。
うの 中継見ながら頭抱えるほど、みんなこけまくりだった
   もんね。まあとにかくこれでトリノは1枠。女子ほど
   層が厚くないけど、誰が代表になるか全く読めないね。
   もういっそのことマリオ織田君とかどうよ、と思って
   しまいます(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

WFS Championships Ladies

さの 忘れないうちに総括を。とりあえず女子シングルから。
うの 会う人会う人に「ミキちゃんの四回転」についてきかれま
   した。あれだけフジテレビが煽ってたらみんな期待するよ
   ね。
さの 本人もチャンスがあれば跳びたかったろうけど。彼女とし
   てはやっぱりトリノが第1目標みたいだから、ここで試し
   たいという気はあったみたい。
うの 何で跳ばなかったかねえ?
さの 挑戦できる条件。まず荒川さんと村主さんで3枠が確保
   できそうな場合。もしくは本人がショートまでで大失敗を
   して上位が狙えそうにない場合。この2つだったと思い
   ます。
うの 旧採点だったら、初めての大技を成功させたらご祝儀?で
   高い技術点が出てたんだけど、新採点では3回転Sを
   4回転Sにしても基礎点で3.7点増えるだけ。それもきれい
   に降りた場合で、着氷が悪かったり助走が長すぎたりする
   と容赦なく2点くらい引かれるでしょう? それよりは3回
   転きれいに跳んで、加点もらったほうが賢いとも言えるし。
   ジャンパーにはちょっと不利だよね>新採点
さの でも安藤さんは今回スピンやステップのレベルをずいぶん
   上げたよね。これは来年に向けて明るい材料だと思う。
   あとは振り付けとかもうすこし工夫したほうが(^^;;

うの ところで村主さんですが。グランプリシリーズでは不調で
   したけど、四大陸から調子を上げてきましたねえ。
さの 彼女は追い詰められると力を出すタイプかも(笑) 世界選
   手権はショートプログラムの転倒が痛かったね。何とか最
   終グループに滑り込んでればフリーの第2採点がもう少し
   出たかもしれないのに。絶対評価とはいえ、男子も女子も
   最終前グループまでは点数が押さえ気味だったように思い
   ます。
うの 彼女の強みはジャンプ・スピン・ステップすべての要素で
   満遍なく加点がもらえるってところだよね。しかも第2採点
   のスケート技術とか音楽との調和で結構高得点もらえてる
   し。

さの 第2採点がすごいといえば荒川さん。
うの NHK杯のインフレ気味なスコアはさておき(笑)、つねに高得
   点が出るよねえ。
さの 彼女はねえ……。あれだけ身長がありながら柔軟性もジャ
   ンプ力もあり、しかもスケーティングも上手い。あんまり
   漕がないのにすーーっとすべるよね。
うの それだけ誰もがうらやむ器を持ちながら、どうも性格が…
さの 競技者向きではなさそうというか(^^;; でも彼女はスイッ
   チが入ると別人になるし、今年はお休みの年だったという
   ことかも。結果的に3枠取れたんだから結果オーライでしょ。
   わたしはやっぱりトリノでいちばんメダルに近いのは彼女だ
   と思うよ。

うの ところでメダリストですが。スルツカヤとコーエンは順当だ
   よね。
さの コーエンは恒例の自爆も最小限に抑え、彼女としてはもの
   すごくがんばったと思います。スルツカヤはねえ…新採点に
   いちばん対応していたのは彼女かなあと。それはもう見事な
   くらいほとんどの要素に加点がついています。ジャンプの前
   にちょこっとステップ入れたりして細かく稼いだ効果ですね。
うの でもそのぶんちょっとせわしない感じだし、高得点が出るビ
   ールマンを使いまくってるし、あれを評価するかどうかは好
   みが分かれるかも。点は出るけど。
さの そうそう、彼女の優勝には何の異論もないけど、第2採点
   で「9.0」出してるジャッジがいるのを見ると、それほどの
   ものかと…
うの 彼女のスケーティングって勢いはあるけどパワフルな感じ
   がどうも…。どっちかというと力を抜いてスーッとすべる
   人のほうが好きだな。
さの だからコーエンなわけね(笑) そういえばコストナーはどう
   なんですか? 銅メダルだったんですけど。
うの 彼女の場合はチンクワン……というのは冗談で(笑) 
   まあ、スピード感はあるよね。ジャンプもよく跳んでる。
さの 今シーズン故障で成績悪かったけど、ここにきてとりあえ
   ずジャンプは戻してきたんだからあっぱれというべきで
   しょう。これで後半バテる癖を直して、プレッシャーに
   負けなければ、トリノで銅メダルあたりありえるんじゃ
   ないですか?
うの 地元だもんね。

*新採点法についてはISUコミュニケーション1207に
 詳しく書いてあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2005

オペラ座の怪人を聴く(BlogPet)

きょうは、こも確認したかったの♪


*このエントリは、BlogPetの「NaNa」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2005

オペラ座の怪人を聴く

うの このファントムがいちばん好きかもしれんとです。
さの 何? いきなり。 映画の話?
うの うんにゃ、CD。
   買ってしまいました「Das PHANTOM der OPER」。
   今回の映画版の、ドイツ語吹き替え版です。
さの あー、Uweファントムの! いいでしょう、これ。
うの なんかもう、熱演!て感じで。
さの いちおう映画の「吹き替え」なんだからさあ、ここまで
   「Uwe全開!」でいいのかって気はするが…(笑) 
   とにかくこゆいよね(^^;;
うの こゆすぎて足バタバタさせてしまったよ~
さの 一般的な作品ファンにはどうかと思うけど、Uweファン&
   映画版の歌では物足りなかった人にはおススメです。
   ちなみにキャスト全体の感想。クリスティーヌはちょっと
   弱いかなあと思ったけど後半がんばった。ラウルは悪く
   ないんだけどファントムとちょっと声質が似てる気が。
   カルロッタはナイスなのに、出番少なすぎ。
   アンドレ&フィルマンコンビが妙に上手くてきれいに
   ハモってるのもポイント高いです。
うの ダイジェスト版なのが残念だよね。マスカレードでの
   ファントムのソロがないしさあ。
さの マスカレードといえば、何だか各パートの音量のバランス
   が違うのか、新鮮なコーラスだった。こういうハモリだった
   のかと思ったよ。
うの ハモリは全体的に上手かったよね。プリマドンナとか最後
   の三重唱も結構歌詞の聞き分けができる音だったし。
   これってドイツ語翻訳がよかったのか、録音のウデか。
さの ドイツ語の響きもよかったね。こないだ歌詞で悩んだことだ
   し、懸案の部分のドイツ語歌詞も確認してみようと思いま
   す。

うの もうひとつ、「パーフェクトガイド」の話もしとかないと。
さの とりあえず映画ファンと四季ファンは買いでしょう。四季に
   限らず海外の舞台とか原作とかについても一通り触れてあ
   るので、基礎をおさえたい人にはおススメです。
うの おまけのDVDは本編ダイジェストよりメイキングのほうが
   おもしろかった。特に海外特番が最高。CG万歳!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 02, 2005

マタイ受難曲@アクロス福岡

さの 行ってまいりました。コルボのマタイ受難曲。
うの そりゃまた大物を…。長くて眠くならない?
さの CDで聴くのよりは全然平気。これって要するにキリスト
   の受難を描いた物語だから、普通のオーケストラの曲聴く
   より視覚的に楽しめます。誰がイエスで誰がユダで、って
   ちゃんとわかるし、まあ振り付けのないオペラとかミュー
   ジカルみたいなものだといえなくもない。
うの ジーザスクライスト=スーパースターみたいなもん?
さの …………うん、まあ。  そういえば「何やってるんだピ
   ラト~」とか「寝るなよ>弟子s」とか、こっそり突っ込
   んでしまいました。

うの そもそもなんでマタイだったわけ?
さの 2年前のコルボのレクイエムが良かったから。モツレクも
   よかったけどフォーレはさらに。コルボも高齢だからもう
   来日できないかもしれないし。
   今回、ソプラノの人が来日できなくて急遽谷村さんってひ
   とが代役にたったんだけど、彼女良かったよ。何ていうか
   丸いというか柔らかい声。コルボ盤のCDのソプラノの人
   の声より好きかも。カウンターテナーのカルロス・メナさ
   んとの二重唱はぴったりはまってました。
うの カウンターテナーがいたの?
さの うん。このパート、アルトの人が歌う場合もあるけど、
   カウンターテナーのほうが合ってたような気がするな。
うの イエスは?
さの イエス・バスはマルコスさん。渋くていい声でした。安定
   した歌いっぷり。あと印象に残ったのはエヴァンジェリス
   タ(福音史家)のテノールの人。いわゆる狂言回しみたい
   な役割だから席はコーラス隊の前あたりで後ろのほうなん
   だけど、ずっと歌いっぱなし。優しく歌ったり激しく歌っ
   たり、あのテンションを3時間保つのはすごい。

うの ソリスト以外はどうだった?
さの コーラスは全体的に優しいトーンだったけど、強弱がはっ
   きりしてて、十字架にかけろ!とかは迫力ありましたよ。
   演奏は、そうそう、ヴィオラ・ダ・ガンバを初めて見た。
   最初チェロかなと思ったけど音が違うしよく見ると形も違
   う。帰って調べたらそういう名前の楽器なのね。

うの そういえばドリンク券が付いてるって言ってなかった?
さの 付いてました。でも休憩が短くてほとんど飲む暇なし。
   あれはちょっとどうかと思った。そうそう、会場でCD
   売ってるでしょう?あそこにコルボ盤のマタイのCDが
   置いてあってね、どこ探しても売ってなかったのになん
   で?と思ったら、会場販売用にちょっとだけ造ったらしい。
   一般の店には出ないって言われたから、結局買っちゃいま
   した。こないだ買ったフルトヴェングラーと、メンゲルベ
   ルク、イマイチぴんとこなかったから。
うの それでもって、やっぱりリヒターの全曲盤が欲しい…とか
   言い出すんじゃないの?
さの それは、ありえる(笑)

マタイ受難曲 全曲
指揮 ミシェル=コルボ
合唱 ローザンヌ声楽アンサンブル
管弦楽 ローザンヌ器楽アンサンブル

福音史家 クリストフ=アインホーン
テノール イヴ=セレンス
カウンター・テナー カルロス=メナ
ソプラノ 谷村由美子
イエス・バス マルコス=フィンク
バリトン ピーター=ハーヴェイ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »