« Pronostico per Torino | Main | 猟奇的な彼女を紹介します »

April 28, 2005

エマ 1~5

うの これってさあ、表紙で損してると思わない?
さの だよねえ、わたしも友だちに勧められなかったら読んでな
   いです。だって表紙だけ見たらちょっと引くでしょ?
うの このご時世、メイドといえばメイド喫茶とか、そっち方面
   想像しちゃうもんね(笑)

さの 実際主人公がメイドなんだけど、ちゃんと19世紀、ヴィク
   トリア朝時代の英国が舞台の本格的な漫画です。背景の描
   き込みはすごいし、カメラワークも凝ってるし、すごくク
   オリティーの高い作品だと思う。
うの アニメ化されたけど、どちらかといえば映画っぽいと思う
   な。重要なシーンになるとセリフがほとんどないんだよね。
   例えば5巻の32話なんて、冒頭の5ページと最後の5ペー
   ジは全くセリフ無し。ただエマの表情の変化を追ってて、
   それがまた効果的なんだ。
さの それを言うなら2巻の10話がすごいでしょう。セリフはほ
   とんどなし。でもこれ読むと泣いちゃうんだよ。わたしは
   この話がいちばん好きかな。
うの 8話のクリスタルパレスもすごいけどね。とりあえずこの
   2話でカンペキにはまったと思う。

さの はまった勢いで、ヴィクトリアンガイドまで買ってしまい
   ました。これがまたヴィクトリア朝好きにはおすすめの充
   実度。メイドをはじめとする使用人にここまで光を当てた
   本も珍しいんじゃない? 普通は小説とか読んでても使用
   人は脇役だし。
   そういう意味では「五輪の薔薇」も面白かったけど。主人
   公が上流階級から最下層まで転落していくから、19世紀の
   人の暮らしが上から下まで堪能できました。
うの ちなみにこのエマの作者さん、エマの物語を書きたいんじ
   ゃなくて、単にメイドの仕事ぶりを描きたいだけでは?
   と疑いたくなるんだけど(笑)
さの それは同感だけど、それで面白くなってるんだから大歓迎
   です。

エマ 森薫著 エンターブレイン

|

« Pronostico per Torino | Main | 猟奇的な彼女を紹介します »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24266/3889211

Listed below are links to weblogs that reference エマ 1~5:

» エマ(1)〜(5) / 森 薫 [おぼえがき]
やっちゃいました>オトナ買い 前から本屋で平積んであって気になってはいたんだけど、なにぶん表紙が(^^;; そうこうしてるうちにアニメ始まって、友だちの評判もいいし、Amazonでぽちtっと(笑) ヴィクトリア朝ってこともあるんだろうが、ひたすら淡々と進んでいくス... [Read More]

Tracked on May 07, 2005 at 07:19 PM

« Pronostico per Torino | Main | 猟奇的な彼女を紹介します »