« NHK語学講座(BlogPet) | Main | グッバイ、レーニン! »

April 16, 2005

バッテリー

さの この本、人気があるのは知ってたけど、児童書ということ
   で二の足を踏んでました。
うの まあいかにも児童書なところもあるけど、裏ターゲットは
   完全にお姉さま方でしょ。作者さんが意識してそうやって
   るのか、そのつもりはなくてもにじみ出てしまった(笑)の
   かはわからないけど、見事に萌えツボついてます。
さの 文庫化したってことは、制作側も意識してるんじゃない? 
   ところで、巧ってツボキャラなの?
うの うーーん、キャラとしては好きなんだけど、作者の描きか
   たがなあ…。これが巧本人の心理描写ナシで最後まで描き
   きってくれたら、満点なんだけど。
さの それは同感。ああいうキャラって内面がわからないほうが
   いいです。ちなみにこれって同人ネタにもなってるみたい
   だけど、ああいうのってホントはオリジナルには描かれて
   いない裏の部分を勝手に妄想してサイドストーリー作るの
   が面白いんじゃないの? だけどこの小説の場合…。
うの ネタはたくさん提供してますよ、主人公以外にも。意識し
   てないとは言わせません(笑) だけど、オリジナル自体が
   ガマンできなかったのか、ヨコシマモードに走っちゃって
   るからねえ(笑)

さの 登場人物のセリフが中学生とは思えないんですよね。大人
   っぽいというより、オヤジっぽい?
うの 主人公も確かに13歳とは思えないほど大人っぽいけど、
   テニプリよりは許せる(笑) それより周囲の友人のリアク
   ションがね、ちょっと。
さの 「三千世界」のパーヘヴみたいにネタとして使われてるん
   じゃないからねえ。中学生にああいうリアクションはない
   だろうと(笑)
うの まあ、そのおかげで?幅広い読者を獲得してるわけですか
   ら。

さの だけど、これを野球小説だと思って読んだ人は怒るでしょ
   う(^^;;
うの これは、野球の話ではなくて、「バッテリー」の話なんで
   す。ラストシーンがあれってことは、巧の口からあのセリ
   フが出た瞬間に物語としては終わってるってことじゃない?
さの そういえば「はみだしっ子」があそこで終わったのを見た
   瞬間に、「ああ、この話ってグレアムの再生の話だったの
   か」と腑に落ちたことを思い出しました。これもそうだよ
   ね。野球小説だったら、あのラストシーンはありえん(笑)
うの そうです、これは巧という特異なキャラがいかにして「落
   ちる」のか、というのがテーマなんです(笑)
さの それは「裏」テーマ! それはともかく、まあまともに児
   童書として読んでも、よくできてる話ですよね。4巻の入
   り方なんて「上手いなー」と思いましたね。キャラの描き
   分けも上手いし、瑞垣とか青波とかよくできてるでしょ?
うの 青波は単にショタ様へのサービスキャラかと思ったら(笑)、
   結構よかったんだよね。瑞垣もよかったです。あれくらい
   屈折してくれるといじりがいもあるというものでしょうが
   …結局どうなったんでしょうねえ、彼。
さの まあ、それは勝手に妄想してくれってことでしょう。実は
   個人的には巧パパがご贔屓だったんですが、イマイチ生か
   されなかったんでそこは不満かな。そういえば小町先生も
   放置されちゃいましたね。
うの もう大人のこと語ってる状態ではなかったとか(笑)

さの これ、一応ネタバレになるかもしれませんが、気がついて
   ましたか? 彼らは結局公式戦を1試合もしませんでした。
   しかも、練習試合ですら合計6イニング弱です(笑)
うの 野球やってないじゃん(笑) だから、バッテリー小説なん
   だってば。

「バッテリー」I~VI あさのあつこ著 教育画劇

|

« NHK語学講座(BlogPet) | Main | グッバイ、レーニン! »

Comments

うーん、ますますわけわからん感じがしてきましたヨ>バッテリー(^^;;)

Posted by: kyo | April 21, 2005 at 03:03 AM

まあ、2つの読み方があるってことで。
上のトラバってくれてるサイトを読むと片方の読み方はわかるかも(笑) とにかく一気に読ませることは確か。
ちなみに文庫は加筆されてるらしい(^^;; 

Posted by: basil | April 21, 2005 at 10:44 AM

混乱させてすみません(苦笑)。
はい、まあ二つの読み方があるってことです。
それでいいのです。たぶん。

Posted by: たかとお | May 17, 2005 at 01:19 PM

>たかとおさん
自分の読み方はかなり片方に偏ってるんですが(^^;;
まっとうな?読み方ができる方もいらっしゃるんでしょう、きっと。
たかとおさんのところ見ると、あさのさんの他の小説もおもしろそうだと思ってしまいました。

Posted by: basil | May 18, 2005 at 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24266/3719113

Listed below are links to weblogs that reference バッテリー:

» バッテリー(�〜�)。 [くされるひび。]
「バッテリー」/ あさのあつこ/教育画劇 (�で完結。�〜�までは加筆修正の上角川文庫から 発刊済みで以下続刊予定) 続編(?)も確定したことですし、あえて今こちらで。 ツンデレな天才ピッチャーとデレツンなキャッチャーの すれ違いの物語、じゃだめか(笑)。 生来..... [Read More]

Tracked on April 18, 2005 at 02:45 PM

« NHK語学講座(BlogPet) | Main | グッバイ、レーニン! »