« April 2006 | Main | November 2007 »

May 10, 2006

アイーダ

うの シティ劇場の救世主になれるか!?な「アイーダ」公演なん
   だけど。
さの こないだ見に行きました。若い女性が多かったです。
うの 感想は?
さの とりあえず舞台装置と照明に6000円、男性アンサンブルの
   ダンスに2000円、アムネリスに1000円、歌に1000円で元は
   取れましたって感じですかね。
うの 「ライオンキング」が好きな人にはオススメだよね。舞台
   装置もああいう感じですごくきれいだし。キャストの歌も
   安定してる。
さの ダンスも予想よりずっと良かったし。
うの あとは?
さの 元取ったと思ってるから「金返せ」とは思わないんだけど、
   ???な部分は多々(笑)
うの ラダメス父のソーザーがどう見てもラダメスより若いって
   のはどうなのさ、と…
さの そうなんだよねえ…。セリフは精一杯渋くしゃべろうとし
   てるんだけど、声質があまりにも若いし、歌いだすともう
   アウト。 や、歌は上手いんだけどね(笑)
うの あとさあ、どう見てもアムネリスのほうがいい女なんだ
   けど。
さの オペラのほう見てもそうなんだよね。最後に歌い上げるア
   ムネリスなんてすっごいかっこいいでしょ? この話、
   どうせミュージカルにするならアムネリスを主役にすれば
   よかったのに。
うの 王女の婿になって国を背負う重圧に耐え切れずに別の女に
   走るヘタレ将軍を切り捨てて自ら立ち上がるアムネリス! 
   かっこいいじゃん~♪ こっちのほうが現代には受けるん
   じゃないの?
さの ねえ? まあオペラだとそもそもなんでラダメスがアイー
   ダに走ったのかわからないから、ミュージカルではそこの
   エピソードを入れて努力はしてるんだけど、まだあれでは
   説明不足。もうちょっと何かアイーダが魅力的に見えるエ
   ピソードがあれば納得できるかもしれないけど。
うの まあその部分は四季のせいじゃないけどね。とりあえず舞
   台はきれいだし、歌は上手いし、楽しめるミュージカルだ
   と思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陽気なギャングが地球を回す

さの 最近ぼちぼち伊坂さんの本を読んでます。
うの おもしろいでしょ?
さの とりあえず今のところハズレはありません。
   今回読んだのは「陽気なギャングが地球を回す」なんだけ
   ど、スピード感があって面白かった。
うの 恩田さんみたいにどこに決着するかわからないのもいいけ
   ど、こういう「引いた伏線はきっちり回収!」って話は読
   後感がすっきりするよね。
さの 読んだあとで悩まなくていいもんね。そのぶん、伏線を
   チェックしてると落ちが見えてしまうって危険性もあるん
   だけど、今回はほどよい騙され度でよかったです。
うの これ、ちょうど2時間ぐらいのドラマにしたらぴったりだ
   なと思いながら読んだんだけど、やっぱ映画化なんだね。
   このキャストどう?
さの 最初名前だけ見たときは成瀬と響野が逆かと思ったんだ
   けど、なんともぴったりな人選で。
うの ぴったりすぎて意外性がないという…(笑)
さの こっちでも公開されるといいなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | November 2007 »